【若松・全日本覇者決定戦】中田、攻めて惜敗「1マークは舟が浮いてしまった」

[ 2019年10月17日 05:30 ]

 中田は準優9Rで、6コースからコンマ04のSを決めて最内を差し、道中は篠崎元との競りをしのいだが3着惜敗。「回転を抑え気味にしていって、1マークは舟が浮いてしまったが、道中はいい感じでしたよ」と振り返った。「足はいい。回ってからのつながりがいいですね」。優出こそならなかったが舟足の感触は悪くない。最終日は5、11Rの2走。軽快な走りでまとめて舟券に貢献しそうだ。

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2019年10月17日のニュース