昨年のJBCスプリント馬グレイスフルリープ引退

[ 2019年2月28日 06:36 ]

 昨年のJBCスプリントを制したグレイスフルリープ(牡9=橋口、父ゴールドアリュール)が、1日付で競走馬登録を抹消することが分かった。

 今春はドバイ遠征を予定していたが、1月に右前脚に腱しょう炎を発症したため回避。復帰に時間がかかるため、引退することが決まった。橋口師は「厩舎を開業当初から支えてくれた馬。重賞を5勝もしてくれて、まさに屋台骨という存在だった」と感謝の言葉を口にする。今後は福島県で乗馬となる予定。通算成績は44戦12勝。総獲得賞金は国内が3億3509万6000円。海外が3億9900万ウォン(約3900万円)。

続きを表示

「2019 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2019年2月28日のニュース