【弥生賞】シュヴァルツリーゼ、弥生賞出走決定

[ 2019年2月28日 19:28 ]

 中山土曜の自己条件(土曜500万下)と両にらみだったシュヴァルツリーゼ(牡3=堀)は弥生賞出走が決まった。

 最終追いは2月27日に済ませ、Wコースで5F69秒8〜1F13秒6(馬なり)。28日は角馬場でダクを行った。森助手は「けさは歩様を確認したが、テンションが上がるようなこともなく、追った後も順調にきている」。昨年11月の東京新馬戦は上がり3F33秒6の強烈な瞬発力でV。「先週までは多少重さがあったが、今週の動きは良かった。休み明けでも仕上がっている。初の中山は鍵になるけど、素質の高さでカバーできれば」と潜在能力に託していた。

続きを表示

「2019 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2019年2月28日のニュース