熾烈なリーディング争い 武豊&ルメールが26勝で並ぶ…互いに月間15勝を上乗せ

[ 2019年2月28日 14:54 ]

<JRA賞授賞式>パーティーで祝福しあう特別賞の武豊(左)と騎手大賞・MVJのC・ルメール(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 2月の全開催を終えたJRAの騎手リーディング争いは、武豊騎手(49)とC・ルメール騎手(39)が26勝で並んでいる。1月終了時点で11勝で並んでいた両騎手が月間15勝をあげ、再び勝利数で並んだ。

 1月終了時点で団子状態だったリーディング争いから武とルメールが月間15勝を積み上げ、一歩抜け出した。22勝の川田、21勝のM・デムーロまでが20勝以上。福永(19勝)、岩田(17勝)、北村友(16勝)と関西所属騎手が続いている。

 関東リーディングは1月いっぱいまで短期免許で来日していたO・マーフィー(17勝)を除けば、三浦が15勝でトップ。戸崎(13勝)、吉田隼(11勝)、田辺、石橋、横山典(10勝)までが2桁の勝利を記録している。

続きを表示

「2019 マイルCS」特集記事

「東京スポーツ杯2歳S」特集記事

2019年2月28日のニュース