【チューリップ賞】追ってひと言

[ 2019年2月28日 05:30 ]

 ▼アフランシール(尾関師)ジョッキー(岩田康)が我慢してしまいはやれた。折り合いがうまくいけば爆発力は上位だと思う。

 ▼オーパキャマラード(橋本助手)動く馬と併せたので遅れたけど、この馬自身はしっかり動けている。

 ▼サムシングジャスト(シュタルケ)乗りやすいし、動きも良かった。

 ▼シゲルピンクダイヤ(渡辺師)馬なり主体だけどプールも併用してやってきた。仕上がりは悪くない。

 ▼ドナウデルタ(松岡助手)馬なりでこの時計。状態は間違いなくいい。

 ▼ハニーウィル(村山師)状態は変わらず。千六で良さが出れば。

 ▼ブリッツアウェイ(音無師)状態自体は変わらない。現状でどこまでやれるか。

 ▼マルモネオフォース(木原師)中2週が続くし、そんなにやらなくていい。状態はキープしている。

 ▼メイショウショウブ(池添)前走は中間に順調さを欠いたけど、今回はいい感じ。動きも良かった。

続きを表示

「2019 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2019年2月28日のニュース