【弥生賞】シュヴァルツリーゼ半馬身先着 陣営「良くなった」

[ 2019年2月28日 05:30 ]

ウッドチップコースで追い切るシュヴァルツリーゼ(撮影・郡司 修
Photo By スポニチ

 弥生賞登録の1戦1勝馬シュヴァルツリーゼは土曜中山の自己条件(芝1600メートル)と両にらみ。追い切りは石橋を背にWコースで余力十分にルフォール(6歳1600万)に半馬身先着した。森助手は「先週までは重さがあったが、動きも良くなった。休み明けでも仕上がっている」と好感触。弥生賞出走なら侮れない存在だ。

続きを表示

「2019 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2019年2月28日のニュース