【弥生賞】ブレイキングドーン5馬身先着 中竹師仕上がり満足

[ 2019年2月28日 05:30 ]

Cウッドで併せ馬で追い切るブレイキングドーン
Photo By 提供写真

 ブレイキングドーンはCWコースでびっしり追われ、併せたイグナーツ(3歳未勝利)に5馬身先着した。中竹師は「後ろから追いかけ、しっかり負荷をかけた。体はひと回り大きくなったが、重くはない」と仕上がりに満足げ。前走のホープフルSは5着だったが「道中、力んだ分かな。もうちょっと流れて落ち着いて走れるようなら」と同じ舞台で反撃を誓った。

続きを表示

「2019 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2019年2月28日のニュース