インティ、春の目標は帝王賞 米国遠征には慎重姿勢

[ 2019年2月28日 05:30 ]

 フェブラリーSを制したインティ(牡5=野中)は、春の最終目標を帝王賞(6月26日、大井)に置くことが決まった。「帝王賞を使うことは決定です。その前にかしわ記念(5月6日、船橋)を挟むかどうかは、これから考えます」と野中師。フェブラリーS優勝でBCクラシック(11月2日、サンタアニタ)の優先出走権を得たが、米国遠征については「慎重に考えたい」と話すにとどめた。

続きを表示

「2019 秋華賞」特集記事

「府中牝馬S」特集記事

2019年2月28日のニュース