【チューリップ賞】シェーングランツ、まさかの単走も手応え

[ 2019年2月28日 05:30 ]

ウッドチップコースで追い切るシェーングランツ(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 シェーングランツはWコースで5F69秒6〜1F12秒5。前2頭との併せ馬?と思いきや、単走の形でゴール。藤沢和師は「前が行っちゃったので1頭になったけど、ゴールすぎも抑えずに行ったし、やれているので大丈夫」と手応え。前走・阪神JFは4着。「内枠でごちゃついたが、最後は差を詰めている。体力がついてきたので楽しみ」と昨秋アルテミスSに続く重賞2勝目を見据えた。

続きを表示

「2019 マイルCS」特集記事

「東京スポーツ杯2歳S」特集記事

2019年2月28日のニュース