武豊、菜七子の人気に驚き “不満”もポツリ「カレンダーちょうだいって言ったのに…」

[ 2019年2月17日 11:02 ]

武豊
Photo By スポニチ

 17日に放送された関西テレビの競馬情報番組「うまンchu」(土曜深夜1・15)は、この日東京競馬場で行われるJRA今年最初のG1「フェブラリーS」を特集。インティ(牡5=野中)に騎乗する競馬界のレジェンド武豊騎手(49)が、JRA女性騎手初のG1騎乗となる藤田菜七子騎手(21)について語った。

 武豊は、フェブラリーSではライバルの1人となる菜七子について話を振られると、「彼女の人気すごいですよね」と笑顔。「先週(9日)、小倉で一緒に乗っていたんですけど、彼女が勝ってウィナーズサークルに人がすごかったんですよ。次のレース、僕が勝って(ウィナーズサークルに)行ったら、(人の数で)負けましたね」と明かし、「まあ、僕はよく勝つからね」と笑わせた。

 続けて、「イベントで一緒になった時に『カレンダーちょうだい』って言ったんですけど、それから何度か競馬場で一緒になっているのに、いまだに持ってきてくれない」とまさかの“不満”もぽつり。レースについては「(ライバルは)フェブラリーSに合ってそうな馬ばかり。でも、僕の馬も1600メートルはいいと思う」と意気込んでいた。

続きを表示

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2019年2月17日のニュース