【馬券道コバヤシ 特別編】17日京都11R 買い条件そろったオウケンビリーヴ

[ 2019年2月17日 08:00 ]

 冬開催の京都開催は芝が重く、切れ味にまさるディープインパクト産駒を嫌って馬券を組み立てた。果たして春の開催ではどう変化するのだろうか。また、来週からの阪神開催では“切れ者”たちの逆襲があるのか。よく見極めて馬券を買っていきたい。

 冬のラスト京都はメイン、最終とダートでの戦い。11Rはオウケンビリーヴから。休み明けが<4202>とめっぽう強い。交流重賞勝ちがありながら、前走から1キロ減の54キロで走れるのはいい。北村友と安田隆厩舎のタッグは今年<6503>で勝率42%と頼もしい限り。差し切りに期待しよう。

 馬券は馬単で相手は○ゼンノサーベイヤー、▲ウインオスカー、☆ニットウスバル、以下△ヴェンジェンス、タテヤマ、ラブバレット、ジューヌエコールへ流す。

続きを表示

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2019年2月17日のニュース