展開を読む【小倉大賞典=ハイペース】

[ 2019年2月17日 05:30 ]

 ハンデ頭でもマルターズアポジーの逃げ。タニノフランケル、ケイティクレバーが続いて激流必至。マイスタイルは前を見て控える。スティッフェリオは中団後ろ。差し有利も、ハンデ戦らしく立ち回りのうまさが求められる。

続きを表示

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2019年2月17日のニュース