【小倉新馬戦】昨年の秋華賞2着ミッキーチャーム全弟ダノンバリアントV発進

[ 2019年2月17日 13:12 ]

<小倉5R>レースを制した(14)ダノンバリアント(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 17日の小倉5R新馬戦(芝2000メートル)は道中、中団から外を回ってポジションを上げたダノンバリアント(牡3=高野、父ディープインパクト)が直線の攻防で先に抜け出したカリボールをとらえて勝ち名乗り。昨年の秋華賞2着ミッキーチャームの全弟がV発進を飾った。

 高野師は「まだ競馬を分かっていなくて全く進まなかったり急に進んだり、それにフラフラしながら。いろいろ課題はあるけど勝つのが難しい新馬戦で勝つあたりは血統馬なんだと思います」と評価。次走は未定となっている。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「新潟2歳S」特集記事

2019年2月17日のニュース