【東京新馬戦】2番人気パッシングスルーが鋭く伸びてデビュー勝ち

[ 2018年10月13日 14:35 ]

<東京競馬5R・新馬戦>レースを制したパッシングスルー(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 東京5R・2歳新馬戦(芝1600メートル)は中団から鋭く伸びた2番人気パッシングスルー(牝=黒岩、父ルーラーシップ)が逃げ粘るワイドファラオをゴール前で首差かわす。

 騎乗した池添は「返し馬はムキになる面があったが、レース自体はリズム良く走れた。稽古に乗った時からいい脚を持っていると感じていた」とニッコリ。黒岩師は「真面目すぎるぐらいの性格。心配機能も高く、まだ良くなる余地もある。ここまで結構仕上げたので一息入れたい」と話していた。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2018年10月13日のニュース