【府中牝馬S】傾向と対策

[ 2018年10月13日 05:30 ]

 過去10年の結果から傾向を探る。

 ☆人気 1番人気はここ4年連続で3着以内に入っているが10年間未勝利とやや信頼性に欠ける。

 ☆実績 3着内23頭が芝8〜10Fの重賞勝ち、またはG1・3着以内の実績があった。さらに同29頭が同年のJRA重賞かオープンで5着以内に入っていた。

 ☆前走 3着内24頭が5着以内に入っていた。また同21頭が7月以降にレースを使っている。ステップとしてはクイーンS組が最多4連対。

 結論 ◎ソウルスターリング ○ディアドラ ▲ジュールポレール

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2018年10月13日のニュース