【寺下の変 特別編】13日京都11R 凱旋門賞帰りの武豊騎乗タニノフランケルの“逃げ推し”

[ 2018年10月13日 08:00 ]

 先週の凱旋門賞にクリンチャーで挑んだ武豊は帰国後、水曜に行われた大井ナイターの東京盃に参戦。マテラスカイとコンビを組み、いい逃げっぷりで粘ったが、4着に敗れた。今日もJRA4000勝ジョッキーの逃げに注目だ。

 京都メイン11R・大原Sは武豊と初コンビの◎タニノフランケルを狙う。これまで逃げたレースは4戦3勝。前走のセントライト記念(12着)は先手を奪い、残り1000メートルからは1F11秒台のハイラップを刻んで後続を突き放す大逃げ。さすがに最後は余力がなくなったが“逃げ馬フェチ”を興奮させる走りだった。逃げ切った500万、1000万クラスはともに4馬身差の圧勝。自己条件なら押し切れる。新コンビ・武豊の逃げっぷりにも注目だ。

 勝負馬券は単勝と馬連流しで相手○アドマイヤエイカン、▲サトノグラン、☆ケンホファヴァルト、以下△タイセイアプローズ、メイショウキトラ、アクート、スズカルパンの7頭へ。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2018年10月13日のニュース