【秋華賞】(16)プリモシーン スタート決める

[ 2018年10月13日 05:30 ]

プリモシーン
Photo By スポニチ

 プリモシーンは外寄りの16番。木村師は「決まった枠順で頑張るだけですから」と淡々と語った。桜花賞は出遅れが響き10着だったが、前走の関屋記念は好発を決めて古馬を撃破。「前走はスタートを出てくれた。今回もうまくスタートを決めて流れに乗ったレースができれば」とトレーナーの期待は大きい。金曜輸送で京都に向かい、土曜の馬場入りは馬の状態を見てから決める。

続きを表示

「日経新春杯」特集記事

「京成杯」特集記事

2018年10月13日のニュース