【秋華賞】(1)ラテュロス 最内枠から前へ

[ 2018年10月13日 05:30 ]

 ラテュロスは最内1番枠をゲット。「前で競馬したいので、できるだけ内が欲しいと思っていた」と秋山。高野師も「いい枠が当たった。立ち回りが上手な馬なので、あとはジョッキーに任せる」と喜んだ。金曜朝は坂路を1本(4F75秒4)、ゆったりと駆け上がった。「追い切り後も順調。夏の北海道で心身のバランスが整った。パワータイプではないので、京都の軽い芝も合うはず」と期待十分で挑む。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2018年10月13日のニュース