【梅ちゃん先生 特別編】13日東京7R フラットレーの鉄砲駆け

[ 2018年10月13日 08:00 ]

 東京7R フラットレーの鉄砲駆け

 去勢効果で調教では気性の難しさを見せず、切れのあるフットワークを見せている。去勢直後は馬体を減らすケースが多いが、フックラと張りを維持しているのが頼もしい。新馬戦を圧勝して、G1ホープフルSでも3番人気に支持された素質馬。「ソルドラード(土曜東京3R)もいい感じだが、こちらも楽しみだ」と藤沢和師も語っている。

 東京10R バールマンが降級で変身

 マイネルバールマンは使い込まれるよりも休み明けのほうが活気があって、集中力を持続する鉄砲巧者。放牧明けの今回もハツラツとした動きを見せている。人気はないが、前走までオープンで走っていた格上的な存在。芝では休み明けの阪急杯で0秒2差7着に入っており、準オープンなら即通用する。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2018年10月13日のニュース