【午後の狙い馬・3日新潟10R】ダイトウキョウ進路を選べる先行馬が有利

[ 2017年9月3日 13:30 ]

 芝のレースは土曜から直線で外に進路を取る馬が目立つ。午前中のレースに騎乗した騎手は「内は見た目には荒れているが、走るとそれほどでもない。ただ逃げ馬次第。逃げ馬が外に進路を取ると、全体的に外へ外へと膨らむ」と話す。馬群が外へと広がるため、差し、追い込み勢は前が詰まるシーンも多い。前の位置につけられて自由に進路を選択でき、かつしっかりした末脚を持つ馬が有利。

 ダイトウキョウの前走は直線競馬で2着だが、6F戦でも安定した成績を残している。末も確実。好位キープには絶好の2番枠。イン突きの名手・岩田なら、見た目ほど状態差のない内側を狙って抜け出すケースも考えられる。

続きを表示

「マイラーズC(G2)」特集記事

「フローラS(G2)」特集記事

2017年9月3日のニュース