【小倉2歳S】傾向と対策

[ 2017年9月3日 05:30 ]

 過去10年の結果から傾向を探る。

 ☆人気 1番人気【3・3・2・2】、2番人気【4・1・1・4】、3番人気【1・0・1・8】と人気馬のVで決まっているが5〜10番人気も1勝、2着6回、3着3回。ヒモ荒れ狙いが賢明か。10番人気以下の連対は2回。

 ☆前走 連対馬20頭中14頭が新馬、未勝利V。1勝馬は全て小倉の新馬戦から。残り6頭はフェニックス賞、ひまわり賞、中京2歳Sからの転戦組。いずれも2着以内が条件。

 ☆性別 牝馬が【6・3・4・53】と出走数を考えればやや優秀。14年は馬券圏内を独占。

 結論 ◎モズスーパーフレア ○ペイシャルアス ▲アサクサゲンキ

続きを表示

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2017年9月3日のニュース