【細原・騎手で獲る 特別編】3日小倉1R ラブカンプーが重賞除外のうっぷん晴らす

[ 2017年9月3日 08:00 ]

 先週の土曜小倉は当コラムで推奨した◎インティ(8R)から馬単と馬連。日曜は本紙の予想コラムで推奨した◎ダノンメジャーから3連単(1万1320円)をゲット。今夏は馬券収支が散々だったが、夏の終わりにようやく収支が安定してきた。今週は今年最後の小倉出張で、土曜夜にはスポニチ主催「小倉競馬観戦ツアー」の参加者様との予想会がある。先週の勢いそのままに最後はビシッと決めたい。

 勝負レースは小倉1R◎ラブカンプー。小倉2歳Sに登録していたが除外でここへ。ここ同舞台の新馬戦は、ハイラップの2番手からしぶとく粘り首差2着。マークした1分8秒7は2歳重賞で勝ち負けできる時計だ。森田師は「あの速い流れをよく踏ん張ってくれた。牧場では兄(キングハート)よりも能力が高いと評判だった馬」と素質を絶賛する逸材。自己条件のここは通過点だ。馬券は3連単1着固定のフォーメーション。相手はアンヴァル、モンサンフィエール、アスターシャンティ、ジューンナイト、ダイメイギンガ、ライリーの30点。

続きを表示

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2017年9月3日のニュース