【万哲の乱 特別編】3日小倉11R 自在派アサクサゲンキは外枠も好都合?

[ 2017年9月3日 08:00 ]

 競馬を職業にしている以上、重賞はまず馬券を購入するが、1年に数レースは正直何を根拠に買っていいか分からない重賞がある。本日の小倉2歳S(小倉11R)もその典型。考えることが多すぎ、数分では結論が出ない。

 「ほとんどの馬が逃げて勝っているから、まず展開が読めない」

 「小倉は直線が短いから、ちょっとでもペースが緩むと前が残ってしまう」

 「ほとんどの馬(関西馬)が栗東から直前輸送だから、当日の体重は見たい」

 などなど…。ちなみに過去10年のV馬で、当日の馬体重が前走比で最も減っていた馬は「2キロ減」の3頭。JRA発表で4キロ以上減った馬の優勝は過去10年ではない。札幌、新潟はすっかり秋の気配でも、小倉の残暑は厳しい。時間に余裕がある方は是非、当日の馬体重発表を待ってが「プラスか減っても2キロ」の馬を選んで購入すると、やけどは少ないかもしれない。

 前置きは長くなったが、(17)アサクサゲンキはダートの新馬戦こそ4着に敗れたが、その後は芝1200メートルで2着、1着。時計を短縮している上、好位で控える競馬も試みている点は心強い。先行激化が予想され、内枠でモマれるよりは「外寄り17番枠」もむしろプラスに働くかも。同じ音無厩舎のモズスーパーフレアと互角以上に動いた最終追いの動きも良く、オッズ的(4〜5番人気?)にも買い頃。あとは当日の馬体重を要チェック。

 《もうひと押し》新潟ラスト12Rは(13)ケイビイノキセキ。直線1000メートル戦初出走の前走(2着)で見事に変わった。直千名人の西田から、これまた直千名人の村田にバトンタッチして、再好走は確実。外寄り13番枠も絶好。

続きを表示

「ドバイワールドカップデー」特集記事

「春の中距離王決定戦 大阪杯」特集記事

2017年9月3日のニュース