【午後の狙い馬・3日札幌11R】外から追い込むバロンドゥフォール

[ 2017年9月3日 13:30 ]

 日曜札幌前半の芝のレースは時計を要した。1R未勝利戦は1500メートル1分31秒8、2R未勝利は1200メートル1分12秒0。良馬場でも例年の同時期と比べて0秒5前後遅い決着となった。1Rをドラゴンハートで快勝した木幡初は「馬場の内めが悪くなっています。外めをスムーズに追走できたのも良かった」と振り返る。外伸びする馬場。外枠の差し馬を狙ってみるのも手だろう。

 札幌11R・丹頂Sは大外バロンドゥフォールを穴馬として推奨したい。今年は福島民報杯4着、新潟大賞典5着、前走・札幌日経賞5着と追い込んで届かずのレースを続けているが、一長一短のある今回の顔ぶれなら十分通用する。特に前走はスローペースを最後方から最速の上がりで差を詰めた。休み明けをひと叩きされたうえに軽ハンデ53キロ。外伸びする馬場とあれば、外枠から追い込み脚を生かす絶好のチャンスだ。

続きを表示

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2017年9月3日のニュース