【札幌2歳S】戦い終えて

[ 2017年9月3日 05:30 ]

 ▼3着ダブルシャープ(石川倭)直線に入っても手応え十分だったし、後ろからいい脚を使った。(着順を分けたのは)位置取りの差。

 ▼4着シスターフラッグ(岩田)最後は伸びている。今後、硬い芝のレースにも対応できそうだ。

 ▼5着コスモインザハート(柴田大)最後にひと踏ん張りしたが、硬い芝の方が合っている。

 ▼6着クリノクーニング(北村友)ゲートの出が悪くて後ろの位置になった。脚を使いそうな雰囲気はあった。

 ▼7着ミスマンマミーア(宮崎光)馬群でごちゃついてスムーズさを欠いた。脚を余してしまった。

 ▼8着ロードトレジャー(三浦)終始リズムが悪かった。出遅れ1角の入りも中途半端になってしまった。

 ▼10着カレンシリエージョ(池添)勝ち馬の後ろにつけたが、3角から手が動いた。直線で不利を受けたが、その時点で脚はなかった。

 ▼11着ディバインブリーズ(藤岡康)途中で手応えが怪しくなった。

 ▼12着ヴィオトポス(木幡初)ペースが上がって苦しく…。距離が長いのかも。

 ▼13着ロジャージーニアス(吉田隼)前走でしっかり競馬した分、凄く行く気になってしまった。

続きを表示

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2017年9月3日のニュース