【阪神新馬戦】ゴールドクイーンが世代最初のダート戦を制す

[ 2017年6月18日 05:30 ]

 阪神5R新馬戦(ダート1200メートル)は6番人気の牝馬ゴールドクイーン(坂口、父シニスターミニスター)が好位から抜け出し、3馬身差の快勝。この世代最初のダート戦を勝ち上がった。

 松若は「いいスピードを持っているし、直線でステッキを入れたら反応してくれた。まだまだ全体的に弱いところがあるので、これから良くなりそう」と上積みを強調。坂口師は「先週の芝も使おうかと思っていたが、延ばして良かった。血統的にもダートは合う。今後もダートの短いところを使っていきたい」と話した。

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2017年6月18日のニュース