【午後の狙い馬・18日東京12R】大外スズカディープが突き抜ける

[ 2017年6月18日 13:34 ]

 スポニチではネット限定で日曜日に「午後の狙い馬」を掲載。現場取材班が午前中のレースを分析し、後半戦の狙い馬をピックアップします。

 東京開催も今週を含めて残り2週。ある騎手が「さすがに内は荒れてきた。外から勝負したくなる」と話す通り、4、5R(芝)の直線の攻防は内を空けたところで行われた。5R新馬戦はテンクウが好位から抜け出したが、1番人気で力が抜けていた感も。2着ニシノベースマン(4番人気)が後方から、4Rを勝ったブラックギムレット(6番人気)も中団後方から大外を伸びた。

 12Rは思い切って芝替わりのスズカディープを狙ってみたい。どうせ外に出すなら包まれる心配がない大外枠は歓迎。ここは息の入る流れが濃厚で追走に戸惑うこともないだろう。半姉スズカローランが芝で3勝、言わずもがなのディープインパクト産駒なら芝での爆発力は秘めているはず。外を突き抜ける。

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2017年6月18日のニュース