【東京新馬戦】マイネルユキツバキが圧勝!柴田大「楽しみな馬」

[ 2017年6月18日 05:30 ]

 東京5R新馬戦(ダート1400メートル)はアイルハヴアナザー産駒のマイネルユキツバキ(牡=高木)が人気に応えて勝利。好位追走から直線力強く抜け出し、2着を4馬身突き放した。

 圧勝に柴田大は「まだフワフワして周りを見て走っているから時計はもっと詰まる。楽しみな馬」と笑顔。高木師は「1400メートルは忙しいと思ったが、調教通りに走ってくれた。現状はマイル〜1800メートルくらいが良さそう」と距離適性を分析した。次走は未定。

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2017年6月18日のニュース