【午後の狙い馬・18日東京11R】サンライズソア 同舞台の前走内容優秀

[ 2017年6月18日 13:35 ]

 雨雲が近づいているがレース中はもちそう。ダートは乾いていて時計は平均か、少々掛かるくらいで午前中は推移していた。内外の差はなく差しも利くが前も踏ん張れる馬場。4角は中団かそれより前で通過しないと厳しい。

 サンライズソアはダートで2戦無敗。前走の青竜Sで東京への輸送、初コースを克服し、同条件を勝った価値は大きい。その前走は、直前までパシュファイヤーを着けたのが奏功しイレ込みが改善。人馬とも落ち着いていて堂々としたレース運び。3番手追走から直線で抜け出す横綱相撲と、着差以上に強い内容だった。今回も前回同様に、ごちゃつかず自然といい位置につけられる外枠15番。ペースは平均か少し遅くなりそうなメンバーだけに絶好の展開になると見た。

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2017年6月18日のニュース