【午後の狙い馬・18日函館12R】切れ味勝負でトレクァルティスタ

[ 2017年6月18日 13:36 ]

 函館は2日続けての快晴。土曜には芝レコードが2度更新されるなど、開幕週らしい高速決着のレースも多い。一方で、開幕週は先行有利の定石に反し、差し、追い込み勢の活躍が目立つ。前半のレースに騎乗した騎手は「馬場が軽い。状態が良すぎてペースが速くなりがち」と分析する。

 最終12Rは実績上位の降級組が先行脚質。コンスタントに末脚を使えるトレクァルティスタに出番あり。函館芝でも【1100】の実績を残しており、先行勢が速めに動く展開なら、一気の差しが決まる。

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2017年6月18日のニュース