【ユニコーンS】5番人気ハルクンノテソーロが2着「差す競馬が実を結んできた」

[ 2017年6月18日 16:47 ]

 後方から進出した5番人気ハルクンノテソーロ(牡3=高木)がしぶとく伸びて2着。勝ったサンライズノヴァには4馬身離されたが、地力強化をアピールした。田辺は「前走同様、状態は良かった。ゲートは速くなかったが、うまく折り合えてしっかり伸びた。きょうは勝った馬が強かった」と振り返った。高木師は「1頭強いのはいたけど、差す競馬が実を結んできた。2000メートル(ジャパンダートダービー=大井)は長い。新潟(レパードS=8月6日)の方かな」と重賞獲りを見据えていた。

続きを表示

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2017年6月18日のニュース