【青葉賞】レコード駆けでダービーへ!アドミラブル3連勝

[ 2017年4月30日 05:30 ]

<東京11R・青葉賞>M・デムーロを背にダービー前哨戦を制したアドミラブル(右)
Photo By スポニチ

 ダービートライアル「第24回青葉賞」が29日、東京競馬場で行われ、1番人気アドミラブルがレースレコードを0秒5更新する超抜タイムで3連勝。2着ベストアプローチと共にダービー(5月28日、東京)の優先出走権を獲得した。

 スタートで立ち遅れ、序盤はポツンと置かれた最後方から。M・デムーロが早くも向正面で促して、4角すぎで4番手に。大外から一気に他馬をのみ込むも、ゴールへどんどん右に寄れながら向かった。お世辞にもスマートとは言えない内容だが、04年ハイアーゲームの記録を大幅に更新した2分23秒6は、昨年のダービーより0秒4も速い。不格好な内容と破格の時計。そのアンバランスさが強さを際立たせた。

 ミルコが「物見をするしまだ子供」と話せば、音無師も「ダービーは今日みたいではあかん。本当は中団で競馬したかった」と辛口ジャッジ。師はすでにダンビュライトとアメリカズカップでダービー出走が決まっているが、“第3の矢”に求めるレベルは高い。それでも「こういう速い時計を経験できたのは大きい。東京もね、輸送は問題なかったし」と得たものは大きかった様子だ。

 喉鳴りの手術で皐月賞には間に合わなかったが、今日の勝ちっぷりなら本番でも主役候補へ。すでに騎乗が決まっているミルコは「次はもっと良くなる。凄い馬ですよ」と、さらなる良化をほのめかす。混戦模様の牡馬クラシック戦線。ダイヤの原石の殴り込みが始まる。

 ◆アドミラブル 父ディープインパクト 母スカーレット(母の父シンボリクリスエス)牡3歳 栗東・音無厩舎所属 馬主・近藤英子氏 生産者・北海道安平町ノーザンファーム 戦績4戦3勝 総獲得賞金7007万1000円。

続きを表示

この記事のフォト

「ディープインパクト」特集記事

「新潟2歳S」特集記事

2017年4月30日のニュース