【鳥谷越・本社予想の稼ぎどころ】30日京都10R 2戦2勝の砂に戻るタガノカトレアが牡馬を撃破

[ 2017年4月30日 08:00 ]

 土曜の当欄で青葉賞の◎アドミラブルを「圧勝すればダービーで1番人気に支持される可能性も」と書いたが、それが現実になりそうだ。2分23秒6の優勝タイムも、最後方から外を回って豪快に突き抜けたレースぶりもまさに圧巻。青葉賞史上、最もハイレベルな勝ち方だったと思う。あまりに強過ぎただけに反動が心配になるほどだが、順調に本番を迎えることができればV争いは確実だろう。

 2強の一騎打ちとみた天皇賞・春は的中しても低配当が必至。その前に行われる京都10R・端午Sで資金を増やして臨みたい。◎はタガノカトレア。初めて芝を使われた前走・フィリーズレビューは14着に大敗したが、今回はデビュー2連勝を飾ったダート戦。その2戦はいずれも待機策から最速の上がりで突き抜けるワンサイド勝ちで、砂では全く底を見せていない。短期放牧明けだが、小柄な牝馬で仕上がり早のタイプ。最終追い切りも馬なりで先着と上々の雰囲気で、割り引きは全く不要だ。牡馬が相手とはいえ、超大物と感じさせる戦績の馬は不在。しかも重量は牡馬より2キロ軽い54キロ。砂の過去2戦と同様、鮮やかに差し切る。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「新潟2歳S」特集記事

2017年4月30日のニュース