【天皇賞・春】(14)ワンアンドオンリー 前に推進力UP

[ 2017年4月30日 05:30 ]

 角馬場でウオーミングアップを済ませてからワンアンドオンリーはCWコースを周回した。

 橋口師は「雰囲気は凄くいいですよ。この中間はジョッキー(和田)が調教前の運動からまたがってくれて、ほぼ付きっきりでした。それまでは上に上に行っていたのが前に推進力が出てきたし、走り方が良くなっています」と力を込める。「ポンと出て馬なりで流れに乗っていけたら」とイメージしていた。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「札幌記念」特集記事

2017年4月30日のニュース