【香港・QE2世C】注目香港馬(1)地元の名伯楽が送り出す年度代表馬2頭

[ 2017年4月30日 06:45 ]

 香港G1「クイーンエリザベス2世カップ」(シャティン、芝2000メートル、日本時間30日午後5時35分発走予定)に日本のネオリアリズム(牡6=堀厩舎、J・モレイラ)が出走する。日本での馬券は30日午前10時からインターネット投票(A−PAT&即PAT)で発売される。

 地元のジョン・ムーア調教師にとって、このレースは手の内にある。過去10年で調教馬が5勝、2着2回、3着2回と大活躍。今年も香港年度代表馬2頭を出走させる。

 ワーザー(せん5)は昨年のこのレースを4馬身半差つけて圧勝。ラブリーデイ(4着)など日本馬3頭を返り討ちにした。昨年は香港ダービー(G1・芝1800メートル)も勝利しており、2015/2016シーズンの香港年度代表馬に選ばれており、レーティングは出走馬中トップの124。

 今年1月の初戦で6着に敗れるも、2戦目の香港ゴールドカップ(G1・芝2000メートル)は不利を受けながら接戦を制しG1通算3勝目。前走は9日に行われたチェアマンズトロフィー(G2・芝1600メートル)で4着に敗れているが、ムーア師は「(前哨戦の)内容としては十分」と気にしていない。

 今回はコンビを組んで馬券圏外になったことがない(7戦4勝、2着2回、3着1回)ボウマン騎手が2戦ぶりに手綱を取り、舞台も3戦3勝の2000メートルに戻ることから好材料が揃う。脚質に自在性があるが、好走時は先行集団から抜け出す形が多い。

 デザインズオンローム(せん7)はここまで35戦11勝(G1は6勝)。3年前に日本のエピファネイア(4着)を破って、このレースを制している。その年は香港ダービーや香港カップ(G1・芝2000メートル)も制しG1・4勝を挙げ、2013/2014シーズンの香港年度代表馬に選ばれた。

 その後も15、16年の香港ゴールドカップを連覇するなど安定した成績を残したが、ここ5戦は全て6着以下。近走は道中後方のレースが続いている。今回は日本にもゆかりがあるT・ベリー騎手が手綱をとる。古豪の復活があっても驚きはない。

 ◇香港年度代表馬 香港競馬は9月上旬に始まり翌年7月中旬までが1シーズンとして区切られているため、表記が「2015/2016年度代表馬」となる。夏の暑さを避ける目的で8月に競馬は行われていない。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「新潟2歳S」特集記事

2017年4月30日のニュース