【富士S】クラレント 外から差し切り1年ぶりに重賞勝利!!

[ 2012年10月20日 15:58 ]

 サウジアラビアロイヤルC・第15回富士ステークス(G3、芝1600メートル・晴良18頭)は20日、東京競馬場11Rで行われ、岩田騎手騎乗の5番人気、クラレント(牡3=橋口厩舎、父ダンスインザダーク、母エリモピクシー)が、中団追走から差し切り優勝した。勝ち時計は1分32秒4。

 レースはコスモセンサーが1000メートルを57秒台のハイペースで逃げ、2番手にツクバホクトオー、3番手にサトノタイガー、4番手外にミキノバンジョーがつける展開。ファイナルフォームとクラレントは中団外目を追走する。

 4コーナーまで隊列は変わらず、直線では逃げるコスモセンサーに外からクラレントが徐々に差をつめ、残り100メートル地点で先頭に立つと、ファイナルフォームとヒットジャポットの猛追をしのぎ、最後は後続に半馬身差つけてゴール板を駆け抜けレースを制した。

 2着にファイナルフォーム、そこからハナ差の3着には14番人気のヒットジャポットが入った。

 ◆クラレント 3歳牡馬、父ダンスインザダーク、母エリモピクシー。北海道新冠町のノースヒルズマネジメント生産、馬主は前田晋二氏。戦績は9戦3勝、重賞は2勝。獲得賞金は1億764万3千円。

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2012年10月20日のニュース