【菊花賞】ゴールドシップ、今回はイライラなし!

[ 2012年10月20日 06:00 ]

 19日のゴールドシップは坂路を1本(4F65秒1)、落ち着き十分に駆け上がった。「ダービー時(5着)はイライラしていたし、前走(神戸新聞杯1着)も不安はあったが、今回は何も心配がない。本当、今までで一番の出来」と今浪厩務員。「ディープブリランテ(回避)にダービーのリベンジをしたかったが、こればかりは仕方ない。無事にいってくれれば」と、気を引き締めていた。

続きを表示

「2020 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2012年10月20日のニュース