【菊花賞】スカイディグニティ、距離延長で本領

[ 2012年10月20日 06:00 ]

 セントライト記念2着のスカイディグニティはCWコースで調整。友道師は「いい雰囲気。春に比べて攻め馬でも動くようになった」と、成長に目を細めた。未勝利脱出に5戦を要したが、距離が延びるにつれて本領を発揮。師は「もともと距離が延びていい馬と思っていた。菊花賞の3000メートルは自信を持って出せる」と手応えを示した。

続きを表示

「2020 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2012年10月20日のニュース