【菊花賞】ロードアクレイム、ライバルを意識

[ 2012年10月20日 06:00 ]

 ロードアクレイムはCWコースを半周してから坂路を1本(4F69秒4)。3枠6番と内めの偶数枠を引き、藤原英師は「いいところ。でも、ゴールドシップはもっといい枠(1番)やけどな」と、最大の強敵を意識している様子。母がオークス馬レディパステルと血統的な魅力は大きい。師は「いい雰囲気。ここまで思い通りに来た」と期待感をにじませていた。

続きを表示

「2020 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2012年10月20日のニュース