【菊花賞】ビービージャパン、先手濃厚“粘る”

[ 2012年10月20日 06:00 ]

 展開の鍵を握るビービージャパンは坂路を2本(4F73秒8、66秒0)、ゆったりと駆け上がった。3勝全てを逃げ切りで挙げており、「たぶん行くことになる」(武幸)と、ここも先手が濃厚。仁岸助手は「帰厩して日が浅いが、仕上がっている。ゲートもうまいので、行った方がいい。どこまで粘れるか。楽しみはある」と話した。

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2012年10月20日のニュース