【菊花賞】マウントシャスタ「チャンスはある」

[ 2012年10月20日 06:00 ]

 気合乗りの良さが目に付いたのがマウントシャスタ。坂路(4F65秒5)を上がってから、ゲートで駐立を確認。「問題なくこなしていた。前走(神戸新聞杯3着)は気負っていたが、今回はそれがない。長距離を走る上では、いい傾向」と兼武助手。「枠(10番)もいいところが引けたし、相手は強いがチャンスはある」と、手応えをにじませた。

続きを表示

「2020 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2012年10月20日のニュース