【菊花賞】コスモオオゾラ、仕上がり「想像以上」

[ 2012年10月20日 06:00 ]

 コスモオオゾラは主戦・柴田大が落馬負傷したため、この日は丹内(レースは岩田)が騎乗、A(ダート)コースを2周流した。高橋博師は「(柴田)大知は調教でも付きっきりで乗ってくれていただけに、非常に残念。私より本人の方が、がっかりしているだろう」。そして、「馬は久々でも想像以上に仕上がっている。初騎乗がどうこうという馬じゃないし、乗り代わりでも大丈夫だと思う」と語った。

続きを表示

「2020 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2012年10月20日のニュース