松村邦洋 司会務めた「電波少年」復活に言及「当時のメンバーがみんな集まるみたいですね」

[ 2020年11月6日 15:48 ]

松村邦洋
Photo By スポニチ

 タレント、松村邦洋(53)が6日、ニッポン放送「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」(月~金曜前11・30)に生出演。日本テレビ系で放送された伝説的バラエティー番組「進め!電波少年」が来年1月からWOWOWで「電波少年W」として復活することに言及した。

 ヒッチハイクシリーズやアポなしロケなど、過酷かつ斬新な企画で人気を博した「進め!電波少年」(1992~98年放送)。タレント、松本明子(54)と共に司会を務め、番組企画にもチャレンジしていた松村は、「電波少年が来年の1月からWOWOWで放送されるので、無料配信で」と紹介した。

 「電波少年W」の総合演出は「電波少年」シリーズを手がけたテレビプロデューサー、土屋敏男氏(64)が担当する。出演者ら詳細は明らかになっていないが、「―ラジオビバリー昼ズ」パーソナリティーの高田文夫(72)は、「松村君と松本明子ちゃん、土屋プロデューサーのT部長と3人で進行するんだろ」とコメント。

 この言葉に対して、松村は「当時のメンバーがみんな集まるみたいですね、当時の悪かったスタッフが。悪かったあくどい人たちがみんな一斉に集まって来るみたいですね~」と語り、「僕もまだ何するか分かっていません」とした。続けて自虐も。「松本明子さんが54歳で僕も53歳だから電波老人ですよね、電波老人で、まぁ」とジョークを飛ばした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年11月6日のニュース