「KANA―BOON」騒動後初のライブ 冒頭に谷口謝罪

[ 2019年6月24日 05:30 ]

ロックバンド「KANA―BOON」の小泉貴裕、古賀隼斗、飯田祐馬、谷口鮪
Photo By スポニチ

 ロックバンド「KANA―BOON」が23日、ベーシストの飯田(めしだ)祐馬(28)の音信不通騒動後初のライブを都内で行った。

 ボーカルの谷口鮪(29)は冒頭で「本当に心配おかけしました。今日はこの4人でやります」と謝罪。ロックバンド「シナリオアート」との共同公演ツアーの千秋楽で、飯田の代役を同バンドのベーシスト、ヤマシタタカヒサ(年齢非公表)が務めた。

 飯田は5日から音信不通になり、15日深夜に帰宅。19日に活動休止を発表した。谷口は「精いっぱい残り(3人)のメンバーで、ヤマピー(ヤマシタ)も含めていろいろ手伝ってもらいながらやっていこうと思いますので、これからもどうぞよろしくお願いします」と深々と頭を下げた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年6月24日のニュース