ABC新人・増田紗織アナ “初鳴き”前に冠番組 ダンスが得意、芯が強いバイリンガル

[ 2019年6月24日 05:00 ]

26日に“初鳴き”するABCの新人・増田紗織アナウンサー(左)とエビシー
Photo By スポニチ

 ABCの新人・増田紗織アナウンサー(22)が26日の同局の午前10時、11時台のラジオニュースで“初鳴き”することが発表され、このほど、会見に臨んだ。

 5歳から5年間、父の仕事の関係でアメリカ・ニューヨークで育った帰国子女で英語はペラペラ。現地の幼稚園、小学校に通い「英語が全く喋れないのに、初日から楽しんで帰宅した、と母が言ってました」と順応型タイプ。初の関西の地も「御飯が美味しい。お好み焼きを食べてフワフワだった。やっていけると思いました」と苦にしないようだ。日本に帰国後、中学、高校時代はジャズダンスに真剣に取り組んだ。「上下関係も、練習も厳しかった。でも、そのおかげで簡単に折れない心が身についたのでは」と自己分析する。“校長先生”として指導した加藤明子アナウンサー(43)も「肝が据わってる。見た目とギャップがあって、近年では一番芯が強いのではないでしょうか」と太鼓判を押している。

 ダンス以外には小学生の頃から続けるゴルフが特技。「ベストスコアは89。得意クラブはパター」と就職活動では「ゴルフが趣味」と全面に押し出し、面接官の心をつかんだ。テレビっ子で「放送局で働きたい」ために受験。「アナウンサー学校へは最終面接前の3日間だけ通った」。将来の夢はABCテレビの人気情報番組「朝だ!生です旅サラダ」(土曜前8・00)に出演することだ。

 24日には自身の子供の頃からの愛称“サリー”が使われたPR番組「サリーの6(ロック)おん!」(月曜後11・15)がオンエアされる。26日のABCテレビ「おはよう朝日です」(月~金曜前6・45)、同ラジオ「おはようパーソナリティー道上洋三です」(月~金曜前6・30)で初の生出演。また、同局新人アナの登竜門である同局テレビ「速報!甲子園への道」(7月23~28日)の関西ローカル部分でのリポーターにも出演決定。期待の“大物新人アナ”がデビューする。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年6月24日のニュース