渡辺王将ら祝福 将棋女流棋士発足45周年パーティー

[ 2019年6月17日 05:30 ]

女流棋士発足45周年記念パーティーで鏡抜きをする右から清水市代・日本将棋連盟常務理事、羽生善治九段。左端は山田久美・女流棋士会会長(撮影・我満 晴朗)
Photo By スポニチ

 将棋の女流棋士発足45周年記念パーティー(スポニチなど後援)が16日、東京・渋谷のセルリアンタワー東急ホテルに約500人の関係者・ファンを集め行われた。

 日本将棋連盟所属の女流棋士は1974年(昭49)に6人でスタートし、現在は66人が現役として活動している。この日のパーティーには59人が参加。羽生善治九段(48)渡辺明王将(35)らも姿を見せた。女流棋士でもある清水市代・日本将棋連盟常務理事(50)は「女流棋士は盤上でも盤外でも活躍してまいります」とあいさつした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2019年6月17日のニュース