石田ひかり「あすなろ白書」以来26年ぶり月9レギュラー「特別な思い」誕生日一緒の上野樹里と初共演

[ 2019年6月17日 05:00 ]

「監察医 朝顔」で“月9”ドラマに26年ぶりにレギュラー出演する石田ひかり(右)。主演の上野樹里とは初共演(C)フジテレビ
Photo By 提供写真

 女優の石田ひかり(47)がフジテレビの“月9”ドラマ「監察医 朝顔」(7月8日スタート、月曜後9・00)にレギュラー出演することが16日、分かった。同局の看板枠“月9”へのレギュラー出演は、主演を務めた1993年10月期の大ヒット作「あすなろ白書」以来26年ぶり。「『あすなろ白書』は若かりし頃に懸命に取り組んだ、わたしにとってとても大切なドラマでありましたので、やはり月9には特別な思いがあります」と喜んでいる。今作には主演の上野樹里(33)山口智子(54)石田と歴代“月9”ヒロイン3人が集結した。

 2006年から「週刊漫画サンデー」に連載されていた同名の人気医療漫画(原作・香川まさひと、漫画・木村直巳)を原作に、上野扮する新米法医学者・万木朝顔(まき・あさがお)が遺体の解剖を通じて真実を明かしていくヒューマンドラマ。

 石田が演じるのは、朝顔の母・万木里子。東北生まれの東北育ちで、朝顔の愛情深く心優しい部分は里子譲り。朝顔、刑事の夫・平(時任三郎)とも円満で、平の仕事にも深い理解がある。茶目っ気たっぷりで穏やかな里子は、まさに万木家の太陽だったが、2011年3月11日、朝顔と東北の海沿いの街にある実家に帰省中、東日本大震災に被災。以来、里子は行方不明のまま、今日に至る。

 主人公が阪神大震災で母を亡くしたという原作の設定から、ドラマは東日本大震災で母が行方不明になっているという設定にアレンジ。石田は「2011年3月11日。あの日のことは今でも鮮明に思い出すことができます。里子のように今も行方が分からない方々、そのご家族のことを思うと、言葉になりません。ひとりひとりにかけがえのない人生があること、そして行き場のない思いがあることをしっかりと胸に刻んで、心を込めて演じていきたいと思っています。心に傷を抱えた人たちが懸命に生きていく姿を見ていただければと思います」。今作は主に回想シーンに登場する。

 “月9”は昨年10月期「SUITS/スーツ」にゲスト出演したが、レギュラー出演となると“月9”歴代5位の全話平均視聴率27・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した青春群像劇「あすなろ白書」以来、実に26年ぶり。「あすなろ白書」と言えば、共演の木村拓哉(46)演じる取手治が、石田扮する園田なるみを後ろから抱きしめる“あすなろ抱き”が社会現象となった。

 「『あすなろ白書』は若かりし頃に懸命に取り組んだ、わたしにとって、とても大切なドラマでありましたので、やはり月9には特別な思いがあります。今回は回想での出演がメインとなりますが、これからも呼んでいただけるよう頑張ります!」

 主演の上野とは初共演で、誕生日(5月25日)が一緒。「お誕生日が同じ5月25日で、昔から一方的に親近感を持っていました。樹里ちゃん、かわいいです!とっても!背が高くて細くて色が白くて、本当にかわいい!娘にしては大きいのですが(汗)、こんなかわいい娘を持てて幸せです!」と笑みを浮かべた。

 同局の金城綾香プロデューサーも「上野さん演じる主人公・朝顔の母である里子役は、ドラマのすべてを決めてしまう大切な役だと思っています。朝顔や、時任さん演じる平にとって、常に片時も忘れることのできない最愛の母であり、妻である女性です。優しさに満ちた愛情深い方に演じていただきたいと思い、石田さんにオファーさせていただきました。オファーした後に、上野さんとお誕生日が一緒と知り、運命めいたものを感じています。朝顔と里子のシーンから、日本中の方に“今、大切な人がそばにいる奇跡”を感じていただきたいと思っています」と起用理由を説明し、期待している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2019年6月17日のニュース