声優の櫻井智 約3年ぶり活動再開を報告「もう一度、ゼロから」アニメ映画で復帰 突然の引退発表を謝罪

[ 2019年6月1日 02:41 ]

 アニメ「マクロス7」「るろうに剣心―明治剣客浪漫譚―」「銀魂」などで知られ、2016年9月に引退を発表した声優の櫻井智(47)が約3年ぶりに活動を再開することが分かった。5月31日夜、自身のツイッターで報告した。5月公開のアニメ映画「蒼穹のファフナー THE BEYOND」「甲鉄城のカバネリ 海門決戦」で既に声優復帰している。

 「もう一度、櫻井智として活動をさせて頂きたく、そして、皆様に御報告をさせて頂きたく、不慣れではありますが、ツイッターとインスタを立ち上げました。まだやり方があまり分からず、ぎこちないスタートですが、もう一度、櫻井智に戻らせて頂きたく皆様に御報告をさせて頂きました」と発表した。

 「この度、以前お世話になっていたアニメの続編に参加させて頂いたり、舞台の出演が決まったり、ラジオに出演させて頂いたり」と報告。6月5日にはインターネットラジオ「超!A&G+」の「ノン子とのび太のアニメスクランブル」(水曜後5・30)にゲスト出演。舞台は劇団ケ・セラ・セラの第4回公演「港町ブルース」(8月9~11日、座・高円寺2)に出演する。

 引退発表時には「最近では、役者としての大事な声が、かなり出づらくなってきているのを実感しています。時が流れているので、当然のことなのでしょうが、声優として演じていて私自身がそのような変化に耐えられず、そろそろ引退かなと。神経質すぎると思われるかもしれませんが、私自身が許せないため、引退を決めました。これは、自分自身で決めました」などとつづった。

 今回の活動再開にあたり「突然の引退をしてから、約2年9カ月が経ちました。応援して下さっていたファンの皆様、お世話になった関係者の皆様、そして私が息を吹き込んだキャラクター達にも大変なご迷惑をお掛け致しました。今更許される事ではないと思いますが、心よりお詫び申し上げます」と謝罪。「もう一度、ゼロから、頑張りたいと思います。よろしくお願い申し上げます」と決意新たに第一歩を踏み出した。

 櫻井は1994年、アニメ「マクロス7」のミレーヌ・ジーナス役でブレイク。「るろうに剣心―明治剣客浪漫譚―」の巻町操、「銀魂」の日輪などの声で知られる。歌手や舞台などでも活動し、アイドル声優として活躍した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年6月1日のニュース