芦田愛菜 ラスト15分「息するの忘れるくらい…」、ゴジラ最新作初日

[ 2019年6月1日 07:00 ]

映画「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」の初日舞台あいさつでゴジラポーズを取る(左から)木村佳乃、芦田愛菜、田中圭
Photo By スポニチ

 ハリウッド版ゴジラ映画の第2作「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」の日本語吹き替え版で声優を務めた女優の芦田愛菜(14)、木村佳乃(43)、俳優の田中圭(34)が31日、都内で初日舞台あいさつを行った。

 芦田は「次から次へと怪獣が登場して、ラスト15分は息をするのを忘れるくらいのめり込みました」と笑顔。木村は客席に6歳の少女がいることを確認し「うちの娘は7歳と5歳ですけれどいけますね。娘と一緒に見るのが楽しみです」とうれしそうに話した。 

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2019年6月1日のニュース