櫻井翔、「変態じゃん」と感じた自らの行為 区民プールでゴーグルつけたまま…

[ 2019年6月1日 08:01 ]

「嵐」櫻井翔
Photo By スポニチ

 「嵐」の櫻井翔(37)が5月30日放送のTBS「櫻井有吉のTHE夜会SP」(後9・00)に出演。公共プールを訪れた際に、「変態じゃん」と感じた自らの行為について語った。

 「2年前くらいに友達と区民プールに行った」と切り出した櫻井。「ゴーグルとキャップを被っていれば別に気付かれないだろう」とたかをくくっていたが、時期が8月の夏休みど真ん中だけあって「子供たちがすげえたくさんいた」という。

 「気付かれたくないから」とゴーグルをつけたまま、泳いではベンチに上がり、ベンチでもゴーグルを付けたまま休憩。その際、自身の姿を客観視したところ「変態じゃん」と感じたという。実際に「俺の周り、監視員に取り囲まれて、子供たちもいっぱいいるから“やべぇ奴”だと思われた」と明かし、「20分で帰った」と早々にプールを後にしたという。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2019年6月1日のニュース